2013WBCの決勝ラウンドで準決勝、あるいは決勝で当たるかもしれないチームの、今までの戦いを紹介します。
WBC2次ラウンド2組(15日、米国3-4プエルトリコ、マイアミ)で米国の2次ラウンド敗退が決まりました。プエルトリコは初の決勝ラウンド進出。

3月10日(日) 第一ラウンドD組 第二戦
イタリア 2 - 6 アメリカ

アメリカは1-2で迎えた5回表、フィリップスの適時打で同点とする。さらに、2死満塁からライトがグランドスラムを放ち、勝ち越しに成功した。投げては3番手・デトウィラーが4回無失点の好投で勝利に貢献。敗れたイタリアは9投手の継投を見せるも実らなかった。
詳細


[動画]2013WBC第二ラウンド2組 米国対ドミニカ共和国(03/15) (2013/03/15)

<アメリカ 2013WBCでの戦い その他の動画>
2013wbc-u01[動画]侍ジャパンの準決勝の相手?かもしれない「米国」 対プエルトリコ 2013wbc-u02[動画]侍ジャパンの準決勝の相手?かもしれない「米国」 対カナダ 2013wbc-u04[動画]侍ジャパンの準決勝の相手?かもしれない「米国」 対メキシコ
・[動画まとめ]2013WBC日本代表 - 第一ラウンド | 第二ラウンド | 決勝ラウンド
・[動画まとめ]過去のWBC日本代表 - 2006WBC | 2009WBC
[動画まとめ]2013WBC 決勝ラウンドでの侍ジャパン・日本代表の対戦相手