2006WBC第二ラウンド 第二戦
3月15日(水)対メキシコ 6 - 1

日本が準決勝進出へ望みをつないだ。6-1でメキシコに快勝。これで日本は通算成績を1勝1敗とし、16日の韓国戦に準決勝進出をかける。日本は先発の松坂が、ストレートで相手打線を翻弄。5回を投げて、1安打無失点。4回、1死二、三塁から小笠原が先制の2点タイムリー。これで、勢いに乗った日本打線は、なおもこの回、里崎の2ランが飛び出す5回に多村のタイムリーで1点を加えた日本は、9回にもイチローのタイムリーで1点を奪い、試合を決定づけた。
詳細

<2006WBCの動画>
2006wbc008-0303[動画]2006WBC R1 対中国 - 2006WBCハイライト 03/03日本vs中国 2006wbc007-0304[動画]2006WBC R1 対台湾 - 2006WBCハイライト 0304 日本vs台湾 2006wbc005-0313[動画]2006WBC R1 対韓国 - 2006WBC 0305 日本vs韓国 2006wbc004-0315[動画]2006WBC R2 対米国 - 2006WBCハイライト 0312 日本vsアメリカ 2006wbc006-0305[動画]2006WBC R2 対韓国 - 2006WBCハイライト 0315 日本vs韓国 2006wbc002-0319[動画]2006WBC準決勝 対韓国 - 2006WBC 0318準決勝 日本vs韓国 2006wbc001-0321[動画]2006WBC決勝 対キューバ - 2006WBCハイライト 03/20 日本vsキューバ 10-6
・WBC日本代表の動画 - 2006WBC | 2009WBC | 2013WBC第一ラウンド 第二ラウンド